ホワイトニング 全部の歯をするにはどのくらいの費用がかかる?

ホワイトニングの知識

「ホワイトニングって全部の歯にやるものじゃないの?」と疑問をもたれた方もいると思います。

ホワイトニングはその方法により、

・全ての歯に行うもの

・ある範囲の歯だけに行うもの

に分けられます。

全ての歯に行う場合、「やっぱり、すべての歯だと本数が多いから高くなってしまうのでは?」と思うかもしれません。

ここでは、そういった疑問について解説していきたいと思います。

全ての歯を確実にホワイトニングするにはホームホワイトニング

ホワイトニングの方法として大きく

・歯科医院で行うオフィスホワイトニング

・歯科医指導のもと、自宅で行うホームホワイトニング

・初めはオフィスホワイトニング、その後、ホームホワイトニングを行うデュアルホワイトニング

・自分自身で行うセルフホワイトニング

があります。

そのうち、すべての歯を希望の白さにホワイトニングを行うのは、ホームホワイトニングになります。

オフィスホワイトニングでは、下記の画像のようなライトを照射する機器を使用してホワイトニングするため、全ての歯に照射することはできず、一般的には上下合わせて20本の歯(奥歯2本以外の歯)にホワイトニングを行います。

よって、口を開けた時に、よく見える部分についてのみホワイトニングが行われることになります。

”自分自身で行うセルフホワイトニング” では、マウスピースのみ歯科医院で作り、楽天などのインターネット販売されているホワイトニングジェルを購入し、すべての歯のホワイトニングをおこなうことは可能です。

しかし、セルフホワイトニングでは

・自分の希望通りの白さにする調整が難しい

・知覚過敏が起きた時の対処を自らで行わないといけない

という点があり、確実にすべての歯をホワイトニングするには

”歯科医指導のもとのホームホワイトニング”

ということになります。

また、”より早く歯を白くしたい”場合には、はじめにオフィスホワイトニングでよく見える部分の歯だけホワイトニングを行い、その後、他の歯も含めて白くするようにホームホワイトニングを行う”デュアルホワイトニング”を行うとよいでしょう。

全部の歯を白くするとどのくらい費用がかかる?

これまで、全部の歯を確実に希望の白さにには

・ホームホワイトニング

・オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを両方行うデュアルホワイトニング

ということをお伝えしてきました。

では、上の2つの方法ではどのくらいの費用がかかるのでしょうか?

それぞれの費用について、説明していきたいと思います。

トータルで安く抑えるならホームホワイトニング

ホームホワイトニング、デュアルホワイトニングそれぞれかかる費用は

ホームホワイトニング:25000〜35000円程度

デュアルホワイトニング:40000〜140000円程度

となります。

 

ホームホワイトニングが費用をなるべく抑えられ、値段のバラツキの少ないのは

・オフィスホワイトニングで必要なホワイトニングシステムのコストが反映されない

・行うのに必要となるものはマウスピースと薬剤のみ

という理由からです。

オフィスホワイトニングではそれぞれの歯科で導入してしているホワイトニングシステム(機器を含む)によって費用が変わってきます。

また、ホワイトニングを行う歯の本数にもよっても、費用が異なってくる場合もあります。

1回のホワイトニング  1本:500円としているところもあるのでまちまちです。

 

ただし、ホームホワイトニングのデメリットとして歯が白くなるまでの時間がかかります。

ホームホワイトニングの流れとしては

① 初診で歯の状態確認、マウスピース作成のための型取り

② マウスピース、ホワイトニングジェルの受け取り(1〜2週間後)

③ ホームホワイトニング開始:2週間〜3ヶ月ほど実施

とある程度の時間を要します。

オフィスホワイトニングでは初診の歯の状態確認はホームホワイトニングと同様ですが、2回目でホワイトニングとなります。

そして、オフィスホワイトニングは薬剤濃度の高いものを使用しているため、1回目から「歯が白くなった」と実感できることが多いです。

”とりあえず早く歯を白くしたい”という方ははじめにオフィスホワイトニングを行い、よく見える部分の歯が白くなった後に、すべての歯を白くするホームホワイトニングを行うという、”デュアルホワイトニング”をおこなうのがよいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました