”クレスト”のホワイトニングストリップス その種類の多さに驚き!

セルフホワイトニング

突然ですが、みなさんは「クレスト ホワイトニング」という言葉をお聞きになられたことがありますでしょうか?

クレスト ホワイトニングとは、アメリカのP&G社のオーラルケアブランド「Crest(クレスト)」の製品を使って歯を白くするホワイトニング方法です。

クレストのホワイトニングアイテムは歯の表面に貼り付けるシートタイプの「ホワイトニングストリップス」を始め、歯を綺麗にする「ホワイトニング歯磨き粉」や「マウスウォッシュ」、シートにLEDライトが付いた「ホワイトニングキット」など、実にさまざまな種類の製品が販売されています。

中でも人気商品のホワイトニングストリップスは種類が豊富で、日本の歯科医院でもホワイトニング剤として使われている過酸化水素が含まれており、歯自体の色を白くする効果があります。

法律の規制上、日本の市販のホワイトニング製品は過酸化物が含まれておらず歯の色自体を変えることができません。

但し、過酸化物を含むホワイトニングアイテムついては使用上での注意が必要な点もあります。

今回は、「クレストのホワイトニングアイテム」についてご紹介いたします。

クレスト ホワイトニングの種類はおもにストリップス、歯磨き粉、マウスウオッシュの3つ

クレスト社のホワイトニングアイテムにはさまざまな製品があります。

過酸化水素を含んだホワイトニングシートを歯の表面に貼り付ける「3Dホワイト ストリップス」はSNSなどでの拡散によりよく知られた商品です。

そのほか、ホワイトニング歯磨き粉の「3Dホワイト ブリリアンス」、殺菌や口臭予防の「グラマラス マウスウオッシュ」

また、ホワイトニングシートにライトが付いたキットの「3Dホワイト ストリップス With ライト」といったアイテムがあります。

歯そのものを白くするホワイトニングストリップス


「3Dホワイト ストリップス」は前歯の表面に貼り付けて使用するシート状のものです。

シートの成分に過酸化水素を含んでおり、歯の内部に浸透した着色物質を分解、無色化し歯を内側からも白くする効果があります。

ストリップスも濃度の違いなど、さまざまな種類のものがあります。

[ストリップスの種類]

これから説明するストリップの一覧表です。ストリップスだけで7種類ほどあります。

 

商品名 過酸化水素濃度 備考
プロフェッショナルエフェクト 10% 1日30分 20日間推奨 18歳未満非推奨
ジェントルルーティーン 6% 1日30分 14日間推奨 12歳未満非推奨
グラマラスホワイト 9.5% 1日30分 14日間推奨 12歳未満非推奨
クラシックビビッド 10% 1日30分 10日間推奨 12歳未満非推奨
ワンアワーエクスプレス 10% 1日60分 7日間推奨 18歳未満非推奨
シュープリーム 14% 1日60分 21日間推奨 18歳未満非推奨
マンスリーホワイトニングブースト 10% 白さをキープするために、タッチアップタイプのストリップ 1ヶ月に1回 1時間 12歳未満非推奨

①プロフェッショナルエフェクト


過酸化水素濃度:10%  

(参考:歯科医指導のもとで行う自宅で行うホームホワイトニングは3.6%の過酸化水素濃度)

 

クレストのストリップの中でも、現在日本でもっとも人気があるのは「プロフェッショナル エフェクト」です。

アメリカ国内でもクレストを代表するホワイトニングアイテムとして高い支持を得ています。

 

最大の効果を得るためには「過酸化水素を含んだシールを前歯に貼り付け、1日30分間のホワイトニングを20日間続けること」と商品に記載されています。

使用は18歳未満非奨励となっています。

 

②ジェントルルーティーン


過酸化水素濃度:6%

ジェントルーティーンは低刺激タイプのストリップです。

マイルドな成分のシートを前歯に貼り付け、使用します。

商品説明には「1日30分間、14日間のホワイトニングを行うことを奨励」と記載されています。

低刺激のため、プロフェッショナルエフェクトと比べると歯の白さを実感するのに時間が長くかかりますが、歯にかかる負担は軽減されています。

使用は12歳未満非奨励となっています。

 

③グラマラスホワイト

過酸化水素濃度:9.5%

 

グラマラスホワイトはジェントルルーティーンと同様、刺激を少なくしたタイプです。

しかし、低刺激と言うほどマイルドではなく、過酸化水素の濃度は9.5%でプロフェッショナルエフェクトとの差はわずか0.5%しかありません。

使用方法は1日30分、14日間となっており、こちらもジェントルルーティーンと同じです。

使用は12歳未満非奨励となっています。

 

④クラシックビビッド

過酸化水素濃度:10%

クラシックビビッドは一番人気のプロフェッショナルエフェクトと同じ10%の過酸化水素が含まれています。

使用方法は「1日30分のホワイトニングを10日間続けること」となっており、プロフェッショナルエフェクトよりも10日間短い期間が設定されています。

使用は12歳未満非奨励となっています。

⑤ワンアワーエクスプレス

過酸化水素濃度:10%

ワンアワーエクスプレスは1時間の使用を前提にしたワンアワータイプのストリップです。

1日1回1時間、シールを歯に貼り付けて使用します。

商品には「7日間の使用で最大の効果を得られる」と記載されています。

使用は18歳未満非奨励となっています。

 

⑥シュプリーム

過酸化水素濃度:14%

 

シュプリームは過酸化水素の濃度を高めたストロングタイプのストリップです。

 

商品には「1日1回1時間、21日間の使用で最大の効果を得られる」と記載されています。

現在発売されているクレストのホワイトニングストリップの中ではもっとも過酸化水素の濃度が高いアイテムです。

使用は18歳未満非奨励となっています。

 

⑦マンスリーホワイトニングブースト

過酸化水素濃度:10%

 

マンスリーホワイトニングブーストはホワイトニングを行ったあと、歯の白さを保つために使うタッチアップ(色の後戻りを防ぐ目的で再度ホワイトニングをすること)タイプのストリップです。

ホワイトニングで歯を白くしたあと、1ヶ月に1回、1時間だけ歯に貼り付けて使用します。

使用は12歳未満非奨励となっています。

 

△ ホワイトニングストリップで歯がもろくなる?

・通常の使用で歯がもろくなることはありません

 

クレストのホワイトニングストリップはシートに過酸化水素が含まれているのが特徴です。

過酸化水素は歯科医院のオフィスホワイトニングで用いる薬剤の主成分であり、歯の色そのものを白くする効果があります。

 

このことから、「成分が強い過酸化水素水を含んでいるから、クレストのホワイトニングストリップを使うと歯がもろくなったり崩れたりするのでは?」と不安になる方がまれにいらっしゃいます。

 

ホワイトニングは

”歯のエナメル質にしみこんだ着色物質を過酸化水素の力で分解して無色化する”

という原理によって歯を白くする審美治療です。

過酸化水素には着色物質(有機質)を分解するはたらきがありますが、無機質で構成されているエナメル質には影響がないとされています。

このため、通常の用法と用量を守って正しくホワイトニングストリップを使用すれば、歯はもろくならないのでご安心ください。

ただし、1日何時間もシートを貼り続けたままにするなど、誤った使い方をすると痛み・しみがおさまらなくなったりと重大なダメージが発生する可能性がありますので使用の際には注意が必要です。

 

ホワイトニング歯磨き粉

クレストの歯磨き粉はストリップと違い過酸化物は含まれておらず歯そのものを白くする効果はありません。

このため、歯の表面の汚れを落とすことによって歯を綺麗にする、という点では一般の歯磨き粉と同じものになります。

①グラマラスホワイト


フッ素配合で歯の再石灰化を促進します。

②ブリリアンスブースト

研磨剤入りで従来の歯磨き粉の3倍以上、歯の汚れを除去する成分が含まれています。

その為、グラマラスホワイトより歯が白くなる効果が高いです。

フッ素は配合されていないため、再石灰化を促進する作用はグラマラスホワイトと比べると劣ります。

③ブリリアンス デイリークレンジング&ホワイトニング

2本の歯磨き粉がセットになった商品です。

使い方は、まず最初に発泡性が高く歯の隅々まで泡が届きやすいデイリークレンジングで歯についた汚れを落とします。

次に、研磨剤が含まれたホワイトニングジェルを使って歯の表面を磨き、ポリッシングによって光沢をだすことで歯を輝かせて白くするホワイトニング効果を期待できます。

フッ素配合商品です。

クレストのホワイトニングキット

クレストのホワイトニングキットとは、過酸化水素を含むホワイトニングストリップにLEDライトが付属した製品です。

 

使い方はシートを前歯に貼ったのち、LEDライトを口にくわえて光を当てることで過酸化水素が持つ分解作用を強化。

歯に浸透着色した汚れの分解を促進し、効率的に歯を白くします。

[ホワイトニングキットの種類]

 

ホワイトストリップスWith ライト

過酸化水素濃度:10%

 

過酸化水素を含むシートとLEDライトのセットです。

商品には「1日最大60分のホワイトニングを10日間続けることで最大の効果が得られる」と記載されています。

使用は18歳未満非奨励となっています。

 

クレストホワイトニングアイテムの使用方法

上で説明してきたようにクレストのホワイトニングアイテムにはさまざまな種類があります。

使用上、特に注意しなければいけないのは、過酸化水素を含んでいる「3D ホワイト ストリップス」と「ホワイトストリップス With ライト」です。

 

これら2つの製品は使い方を間違うと薬剤の成分によって歯や歯ぐきにダメージを与えてしまう可能性があります。

ホワイトニングストリップスの使用方法

1.歯磨きをして歯の表面の汚れを落としておく

ホワイトニングストリップスを使う前には歯磨きをして歯の表面の汚れや歯垢を落としておきましょう。

歯に汚れや歯垢がついたままだとシートに含まれる成分が歯に浸透しにくくなり、効果が薄れるおそれがあります。

 

2.ストリップスを台紙からはがし、歯の表面に貼り付ける



歯を磨いて綺麗にしたら、ホワイトニングストリップスを台紙からはがし、歯の表面に貼り付けます。

ストリップスは折り返して、歯の裏側にも貼り付けます。

このとき、Upper Stripと書いてある方を上の前歯、Lower Stripを下の前歯に貼り付けるようにしましょう。

上下どちらから先に貼り付けるかは自由です。自分のやりやすい方法でかまいません。

 

3.指定の時間、ストリップスを歯に貼り付けておく

説明書に記載されている使用時間にしたがい、上下の前歯にストリップスを貼り付けておきましょう。

商品によって貼り付ける時間が異なりますので、事前に使用時間をチェックしておくことをおすすめします。

 

4.ストリップスをはがし、口をゆすぐ

指定時間が経ったらストリップスを前歯からはがし、口をゆすいでホワイトニング終了です。

もし、薬剤のジェルが歯に残っているようであれば、歯ブラシを使って軽く歯の表面を磨いてください。

なお、ホワイトニング直後は保護膜がはがれてエナメル質がむきだしになり刺激に弱い状態になっています。歯を磨くときには軽い力でやさしく磨くようにしましょう。

 

ホワイトニングキットの使用方法

「ホワイトニング With ライト」はホワイトニングストリップスに漂白効果を高めるLEDライトが付いた製品です。

使い方や注意点などは通常のホワイトニングストリップスとほぼ同じですが、ライトの使い方やストリップを貼り付ける時間が多少異なります。

[ホワイトニング With ライトの使い方]

 

1.ストリップスを前歯に貼り付ける

歯磨きをして歯の表面を綺麗にしたあと、台紙からストリップスをはがして前歯に貼り付けます。

このとき、上下の前歯両方にストリップスを貼り付けておくと別々にホワイトニングを行わなずに済み、時間が短縮できます。

もちろん、上下それぞれの前歯ごとに時間をずらしてホワイトニングを行ってもかまいません。

 

2.1時間待ってからストリップスをはがす

前歯にストリップスを貼り付けた状態で1時間経過するのを待ちます。

1時間経ったらストリップスをはがしてください。

 

3.上下それぞれの歯にライトをあてる

ストリップスをはがしたら付属のLEDライトのマウスピース部分を口にくわえ、両端にあるスイッチを同時に押して電源をONにします。

電源がONになるとライトが点灯しますのでまずは上の前歯に光があたるよう、唇を使ってライトの位置を調整してください。

上の前歯に3分ほどライトをあてると自動的に光が消灯します。

 

そして、下の前歯にも同様に3分ほどライトをあててください。

このとき、下の前歯にしっかりライトがあたるようにマウスピースの位置を唇で調整することを忘れずに。

なお、上下の前歯どちらを先にライトにあてるかは自由です。やりやすい手順で行ってください。

 

4.ライトをはずし、口をゆすぐ

下の前歯に3分ほどライトをあてると自動的に光が消灯します。

これでホワイトニングは終了です。

最後に口をゆすいで歯に残っているジェルをしっかりと落としてください。

ジェルが取れにくいときにはやさしい力で軽く歯磨きをするとよいでしょう。

 

使用上の注意点


・痛みやしみがでるなど知覚過敏の症状があるときには使用を中止すること

クレストのホワイトニングストリップスには過酸化水素が含まれています。

過酸化水素を歯に付着させた場合、人によっては歯にズキズキとした痛みやしみがでたり、知覚過敏の症状が起こる可能性があります。

ただし、痛みやしみ、知覚過敏の症状はほとんどのケースで数時間~長くても2日間程度で自然治癒し、しだいに治まっていきます。

歯に痛みやしみがでたときには使用を中止し、1日か2日ほど間隔を空けて様子を見ながらホワイトニングを続けるようにしましょう。

しかし、使用を止めてから3日間以上痛みやしみ、知覚過敏の症状が治まらない場合にはただちに歯科医院で診察を受けることをおすすめします。

歯科受診の際には「アメリカ製の過酸化水素が含まれたシールを使って痛みがでた」ことを歯科医師に伝えてください。

 

・ストリップスが歯ぐきにつかないようにする

歯ぐきにつくと薬剤の影響で歯ぐきが下がってしまうことがあります。(歯ぐきの退縮現象)使用時にはシールが歯ぐきにつかないよう気をつけてください。

 

・歯ぐきの炎症がみられるときは使用を中止する

使用後、歯ぐきが赤くただれて変色しているときには炎症が起きているおそれがあります。(健康な歯ぐきの色は薄ピンク色)もし、歯ぐきに炎症が発生した場合はただちにストリップスの使用を中止し、歯科医院で診察を受けてください。

 

・むし歯・歯周病がある場合は治療後に行う

むし歯などで歯に穴が開いていたり歯の表面がひび割れていると薬剤が歯の内部に浸透しすぎてしまい、歯が痛むことがあります。ひどい場合は過酸化水素によって歯の神経が炎症を起こす”歯髄炎”を発症するケースもあります。虫歯や歯周病をお持ちの方は使用前に必ず歯科開院で治療を受け、お口の中の病気を治しておくようにしましょう。

 

・歯並びが悪いと十分効果が得られらないことも
前歯の歯並びが悪い状態だとストリップスがしっかり歯に貼り付かず、ホワイトニング効果を十分に発揮できない可能性があります。

 

・神経がなくなった歯には効果なし

神経がなくなった歯、詰め物やかぶせ物がある歯は白くできません。

 

・薬剤が均等に行き渡るようにする

歯が汚れていたり、ストリップスと歯のあいだに空気や唾液が入ると歯がまだらに白くなってしまうおそれがあります。ストリップスを貼る前には歯表面の汚れを落とす、歯の表面についている唾液や水分を拭きとっておきましょう。

また、歯に汚れや歯垢、歯石がたくさんついている場合には、歯科医院で歯のクリーニングをしてあらかじめ歯を綺麗にしておくことをおすすめします。

 

・有効期限切れは効果が弱まる可能性がある

クレストのホワイトニングストリップスは製造からおよそ1年後に有効期限が設定されているものが多いです。1年以上経った場合でも製品自体は安全に使えますが、有効期限をすぎた製品は薬剤の作用が弱まってしまい、ホワイトニング効果を十分に発揮できない可能性があります。

 

・説明書記載の使用方法を守る

「早く結果をだしたいから」と言って規定の時間(プロフェッショナルエフェクトなら30分間)を超えて長時間ストリップスを歯に貼り付けたままにしたり、1日に何度もホワイトニングを行うのはNGです。

薬剤の影響で歯がズキズキ痛んだり、知覚過敏に似た症状を発症してしまうおそれがあります。使用時には説明書に記載されている用法と用量を守り、次の日のホワイトニングまできちんと時間を空けるようにしましょう

また、使用間隔が空いてしまうと効果が十分に発揮されず、希望通りに歯を白くできない可能性があります。説明書にしたがって使用しましょう。

 

・ホワイトニング後24時間以内は色の濃い飲食・タバコを控える

ホワイトニング後24時間以内はコーヒーや紅茶、お茶、キムチ、ワイン、カレー、コーラなど色の濃い飲食物及びタバコのヤニは着色汚れ(ステイン)の原因になりますので、控えてください。

可能であれば、ホワイトニング期間中はこれらの着色性物質の摂取及び喫煙は控えた方が歯の漂白効果を最大限にひきだしやすくなります。

 

・ホワイトニング直後1時間は酸性の飲食物は避ける

ホワイトニング直後は歯を保護するたんぱく質の膜(ペリクル)がはがれて刺激に弱い状態になっています。このため、ホワイトニング後、最低でも1時間は炭酸飲料やかんきつ類の果物、お酢などの酸度の強い飲食物の摂取は控えてください。

 

ホワイトニングストリップスの効果や口コミ

◎製品によって白さを実感できる日数が異なります

クレストのホワイトニングストリップスについては製品によって歯の白さを実感できるまでの日数が異なります。

また、歯磨き粉は過酸化物が含まれていないため、歯の白さを実感できるまでの期間は個人差があります。

ホワイトニングストリップスはどのくらいで効果が出始めるか?効果はどのくらい続くのか?

◎早ければ3日間で白さを実感できることも

クレストのホワイトニングストリップスは先に書いたように

・含まれる過酸化水素の濃度は製品ごとに差がある

・使う人の歯の汚れ具合やもともとの歯の色もそれぞれ違う

ため、歯の白さを実感できるまでの期間は個人差があります。

実際にクレストのホワイトニングストリップスを使った人の感想では「最初の1回目の使用で歯が明るくなった」というレビューもあります。

また、クレストの公式サイトには「プロフェッショナルエフェクトを3日間使用したら鏡の前で笑って歯をチェックしてみてください(=3日間で白さを実感できる)」と書かれており、ネット上のレビューでも「3日間で明らかに歯が白くなった」という口コミを確認できました。

◎白さはどれくらい持つの?

ホワイトニングストリップスを使ったあと、歯の白さが持続する期間は製品によって異なります。

公式サイトには以下の期間、歯の白さが保つと書かれています。

①プロフェッショナルエフェクト – 12か月間

②ジェントルルーティーン – 記載なし

③グラマラスホワイト – 6か月間

④クラシックビビッド – 記載なし(過酸化水素の濃度はグラマラスホワイトと同じ)

⑤ワンアワーエクスプレス – 9か月間

⑥シュープリーム – 18か月間

⑦ホワイトストリップス With ライト – 36か月間

⑧マンスリーホワイトニングブースト – 記載なし(再ホワイトニング目的で使用)

一般的に、ホワイトニング後3~6カ月で1~2トーンほど色が白さが落ちます。

色の濃い飲食物やタバコの喫煙有無、日ごろからのメンテナンスなどでも変わりますが、色のキープこの程度と考えておいたほうがよいです。

なお、色の白さをキープするにはその間に再度ストリップによるホワイトニングを行うことです。

◎歯磨き粉はどれくらいで歯が白くなるの?

クレストのホワイトニング歯磨き粉には過酸化物が含まれておらず、歯そのもののを白くする効果はありません

このため、歯の白さを実感できるまでの期間はホワイトニングストリップよりも長くなることが多いようです。

それほど歯が汚れていない人なら1か月程度の使用で歯の白さを実感できることもあれば、汚れがひどい場合など、人によっては何年使っても歯の白さを実感できないケースもあります。

クレストアイテムの口コミは?

[ホワイトストリップ]

① プロフェッショナル エフェクト

★★★★★ 5.0  1回の使用でもわかる!

これはいいです!前回購入のリピートです!一回使用するだけでわかるくらい ただ海外製品なのでやりすぎると痛いかもです。でも即効性ありでおすすめです。(buyma.comより)

★★★★★ 5.0 数日で効果あり未だ使い始めて数日ですが少し効果が出てきた気がします。
使った後少し歯がジンジンしますが、数時間で治ります。(buyma.comより)

1.0 刺激が強い

5日ぐらい使用後、歯が知覚過敏になってきたのですぐ使用をやめました。痛みが出てきてすぐ辞めたので治りましたが、続けて使用するのはおすすめできなそうです。(shopping.yahoo.co.jpより)

★★★ 3.0 ・・・・・・・

効き目があまり感じられない。(shopping.yahoo.co.jpより)

②ジェントルルーティーン

★★★★ 4 まあまあ白くなります

やらないよりは白くなります。最初にティッシュで余分な水分を拭いてからやるのがオススメです。(楽天より)

★★ 2 物足りない

初めてチャレンジするので一番弱い物を選びましたが、物足りなく上のクラスのものを買う事に~(楽天より)

 

③グラマラスホワイト

★★★★★ 歯は白くなったが知覚過敏の症状がでてしまった

歯は白くなったが知覚過敏の症状がでた。

幸い、知覚過敏は使用を止めてから数日で症状が治まった。(amazon.comより)

お金の無駄

効き目がなかった。お金のムダ。(amazon.comより)

 

④ ビビッド

★★★★ 白くなったけど続ける必要がある自分の歯は白くなりました。でも、2か月間で白さは薄れてしまったので使い続ける必要があります。(amazon.comより)

星1

完全に歯を白くできなかったし、白さにムラがでてしまった。もう買わない。(amazon.comより)

⑤ワンアワーエクスプレス

★★★★ 凄いストリップ

このストリップはちゃんと効き目がある。これから何回か使えばはっきりと歯の白さの違いを確認できると思う。(amazon.comより)

白くなったけど歯が痛くなった

白くなったけど歯に痛みがでてしまった。なんだか歯が薄くなった気がする。もう買わない。(amazon.comより)

⑥シュープリーム

★★★★★ 良い商品

良い商品です。ただ、自分の場合、知覚過敏の症状がでるので使用は1週間に2、3回にとどめています。(amazon.comより)

★★★ 大きな差はない

上の前歯にだけ使ってみた。下の前歯と比べ、多少は歯の色が明るくなった。これから使い続けてみるが、60歳の私の歯に効き目がでるかどうかはわからない(amazon.comより)

⑦マンスリーホワイトニングブースト

★★★★★ にっこり

ちゃんと歯の白さを保ってくれます。使い方も難しくありません。(amazon.comより)

★★ 星2

ストリップがペラペラ。歯にしっかり貼り付いてくれない。(amazon.comより)

[ホワイトニング歯磨き粉]

①グラマラスホワイト

★★★ 広告のようには白くならなかった

1か月間ほど使ってみました。でも、広告のように歯が白くなることはありませんでした。

白い歯になることを期待して購入するものではないと思います。(amazon.comより)

 

②ブリリアンスブースト

★★★★★ 磨きをかけたように白くなります

言葉どおり、「磨きをかけたように」歯が白くなります。ほかのホワイトニングアイテムといっしょに毎日続けて使うと効果を発揮しやすいです。(amazon.comより)

③ブリリアンス デイリークレンジング&ホワイトニング

★★★★ 良い製品

イイね!1週間ほど続けて使ってみたけど、はっきりと白さの違いを実感できたよ。オススメ。(ebay.comより)

[ホワイトニングキット]

①ホワイトストリップス With ライト

★★★★★ かがやくような白さに

良いアイテム。この製品はすぐに私のお気に入りになりました。マウスピース状のLEDライトのおかげで歯の白さがさらに際立ちます。今ではライトなしでストリップを使うことはありません!(amazon.comより)

★ LEDライトが機能してない

届いてから1回使ってみました。LEDライトの効き目は感じられませんでした。(amazon.comより)

★★★ 星3

ちょっとだけ歯が白くなりました。でも、使用してから数時間~1日後に歯が痛くなっちゃいました。(amazon.comより)

クレストアイテムで差し歯は白くなりません

過酸化水素はオキシドールなど消毒剤として使われていることから「差し歯の外側の汚れなら落とせるのでは?」と勘違いしてしまう方がときどきいらっしゃいます。

しかし、クレストアイテムで差し歯を白くすることはできません。

過酸化水素が歯を白くする原理は、エナメル質にしみこんだ着色物質を過酸化水素の漂白作用で分解して無色化することで歯が白くなります。

天然のリン酸カルシウム(ハイドロキシアパタイト)でできている歯のエナメル質と異なり、保険のレジン(プラスチック樹脂)や自費のセラミック(陶器)でできた差し歯は人工物であり過酸化水素の漂白作用がうまく働かないのです。

クレスト ホワイトニングストリップスと歯科医院でのホワイトニングとの違いは?

歯科医院でのホワイトニングは3種類

歯科医院(医療機関)では過酸化水素は扱えますので、歯科医院で行われるホワイトニングは
以下の3つになります。

オフィスホワイトニング

歯科医院その場所で行うホワイトニングで、歯茎など沁みをケアしながら、薬剤を塗布し、ライトを照射して、歯内部の着色物質を無色化、歯を白くします。

メリットとして薬剤とライトの両方をつかうことで短期間で効果がでます。

理想の歯の白さになるために、およそ3~5回ほどの通います。

デメリットとして、短期間で白くするため、歯内部の表面に近いほうの無色化となり、色のもどりが早いです。

ホームホワイトニング

歯科医院指導のもと、自宅でホワイトニングする方法です。

歯の状態を確認後、マウスピースを作ります。

マウスピースが出来上がったら薬剤とともに歯科医院からもらい、自宅でご自身で歯に薬剤塗布⇒マウスピースを装着して
一定時間待ちます。(およそ1~2時間)

これを基本毎日繰り返すことで歯を徐々に白くします。

メリットとしてはじっくりホワイトニングをおこなう為、歯内部の奥にも薬剤が届くようになり、色の戻りが遅いことです。

デメリットは希望の白さになるまでに期間がかかる事、毎日自分で行うので手間がかかることです。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを合わせて行う方法です。

オフィスホワイトニングで短期間である程度白くし、その後はホームホワイトニングで徐々に希望の白さにします。

メリットはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングのいいとこどりができることです。

デメリットはオフィス、ホーム両方をおこなうので、コストがかかることです。

大きな違いは安心、最適な施術、コスパの差

歯科医院では安心が得られる


歯科医院ではホワイトニング前に歯の状態をしっかりみてから、ホワイトニングを開始します。

虫歯があったり、知覚過敏の症状がある場合などは、すぐにホワイニングを行わず、治療後にするような処置がとられたり、
沁みる部分に薬剤が入らないように行うなど、痛みがでないように手を尽くしてくれます。

また、仮にホワイトニングして、痛みや沁みが出てしまった場合も、あらかじめ鎮痛剤の処方や歯科医院にいけば、すぐ対処してくれます。

自分だけでホワイトニングする場合は、症状はなくても、歯の状態が分からないので、”ホワイトニングしたら痛みが出てしまった”
ということも起きるかもしれません。

安心:痛みのリスク最小限

出た場合の対処方法を教えてもらっているので安心

最適な施術が得られる

歯の状態によっては、歯石が多いならとってから、歯の内部に浸透するホワイトニングをおこなったほうが効果的です。

神経がない歯は、思ったような効果がでません。
(薬剤を直接歯に入れる方法をとります)

歯科医院では人それぞれの歯の状態を診て、対応を決めますので、理想の歯の白さに近づくために最適なホワイトニング方法が選ばれます。

コスパと手軽さではクレスト ホワイトニング

歯科医院のメリットばかり書いてきましたが、クレスト ホワイトニングと歯科医院でのホワイトニングの違いの一つは ”コスパの良さ”です。

 クレスト ホワイトニングアイテムオフィスホワイトニング
ホームホワイトニング
一般歯科ホワイトニング専門
料金
約10,000円20,000~100,000円20,000~70,000円20,000~35,000円

クレストのホワイトニングに比べると約2倍のコストがかかることがわかります。
(クレスト ホワイトニングシート:40日分で計算)

ホワイトニングは継続的にメンテしないと白さを維持できません。そうなると、コストも考えないといけないですね。

また、クレストのホワイトニングはネットで簡単に購入、お手元もに届くので、歯科医院に通う手間が省けます。

忙しい方にはうれしい点ですね。

コストや手間を抑えたいけど、安全に行いたい方は、まずは

”歯科医院の定期健診にいき、歯に問題ないことを確認した上でクレストのホワイトニングをする”

といった形ですすめるのは1つの案かと思います。

クレストのホワイトニングアイテムはどこで購入できる?最安値は?

クレストのホワイトニングアイテムは2022.2月時点で主にヤフーショッピング、バイマ、楽天、そして日本でいうヤフオクの世界版”eBay”が日本で展開しているショッピングサイト”Qoo10(キューテン)”で購入できます。

海外サイトではアメリカ本国のアメリカ アマゾン、ドラッグストアやスーパーマーケットのオンラインサイトで販売されていますが、直接日本へ発送はほとんど行っていません。

最安値はバイマ・ヤフーショッピング・楽天・Qoo10のサイトで比較して

4つのサイトではバイマが最安値の商品が比較的多いです。

ですが、4つのサイトとも販売ショップによって同じ商品でも価格差があり、サイト内で比較してみることをおすすめします。

また、ホワイトニングストリップスはばら売りしている価格になっているものも多くあるので、”何枚でいくらか?”内容をしっかり確認して買うようにしましょう。

2022年2月時点、それぞれの製品の最安価格は以下のとおりとなっています。

 ホワイトニングストリップス歯磨き粉ホワイトニングキット
プロフェッショナルエフェクトグラマラスホワイトワンアワーエクスプレスマンスリーホワイトニングブーストジェントル ルーティーン
クラシック ビビットシュプリームグラマラスホワイトブリリアンス デイリークレンジング&ホワイトニングストリップス With ライト
製品内容・20回分:40枚入り)
・過酸化水素濃度:10%
・14回分:28枚入り
・過酸化水素濃度:12%
・10回分:20枚入り・12回分:24枚入り・14回分:28枚入り
・過酸化水素濃度:6%
・10回分:20枚入り
・過酸化水素濃度:10%
・21回分:42枚入り
・過酸化水素濃度:14%
・116g・110g 2本10回分:20枚入り
バイマ4,5903,7504,6505,3005,3004,7902,580(2個)2,9808,000
楽天11,00012,2008,569(12枚のみ)1,7853,950
ヤフーショッピング8,5107,7007,9991,699(107g)4,342
Qoo104,680
5,280
9,450(7回分:14枚入り)
9,330
5,280
5,527
1,380
4,150

海外からの直接購入も可能、価格は送料分高めになることが多い

クレストのホワイトニングアイテムを海外サイトから直接購入する場合、通販最大手のUSAアマゾン(amazon.com)も利用できます。

但し、送料込みの価格にするとバイマなどのほうが安価で購入できるものが多い傾向です。

アメリカの通販サイトではドラッグストアのシーブイエス・ファーマシー(CVS Pharmacy)やワルグリーンズ(Walgreens)、ライトエイド(Rite Aid)のショッピングサイトや、スーパーマーケットならウォルマート(Walmart)やターゲット(Target)などの通販サイトでもクレストの商品を購入できます。

上記のショッピングサイトはアメリカ以外の国からの直接購入を禁止しているところも多く、サイトによってはアメリカ国外からはアクセスすらできないケースもあります。

このため、やりとも簡単なヤフーショッピング、バイマの利用が良いと思います。

アメリカではドラックストアやコストコで購入可能

アメリカでは現地のドラッグストアやスーパーマーケットのコストコでクレストのホワイトニングアイテムが売られています。もし、ハワイなどを訪れたときには格安価格でホワイトニングアイテムをゲットできるので、お土産として購入される方も多くいます。

 

まとめ

今回、アメリカでメジャーなクレストのホワイトニングアイテムについて説明しました。

今回お伝えした情報はまとめると以下のとおり

・クレストのホワイトニングストリップスは歯そのものの色を白くすることができる。

・ホワイトニングストリップスは過酸化水素を含むため、人によっては歯の痛みやしみ、知覚過敏などの症状を起こすことがある。

・ホワイトニング歯磨き粉は過酸化物を含んでいないため、歯の色自体を白くすることはできない。

・購入には取り扱いが多いバイマがおすすめ

・海外サイトは国外発送しているところがなく、利用は難しい

・海外の現地では北アメリカ本土、ハワイのドラッグストアやスーパーマーケットで購入可能。

 

クレストのホワイトニングストリップスは日本では市販が認められていない過酸化水素が含まれています。

これは「歯自体を白くする」という観点では大きな効果があります。

しかし、過酸化水素を含んでいることから歯の状態を事前に確認せずに行うと歯の痛みや知覚過敏が起きる、さらには歯ぐきが炎症を起こして腫れる、歯ぐきが下がる、歯髄炎を発症する(歯に穴が開いていたりひび割れている場合)など重大なトラブルをひきおこすおそれがあります。

このため、なるべくお金をかけずに歯を白くしたい場合はこういったリスクを十分考えた上でクレストのホワイトニングアイテムを使うようにしてください。

安全かつ確実に希望の白さにしたい場合は歯医者さんのもとでホワイトニングを受ける選択がおすすめ

また、ホワイトニングアイテムを使う時には説明書に書かれた用法・容量をきっちり守り、正しい方法でホワイトニングを行うようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました