歯の白さは何回くらいで希望している色になりますか?

ホワイトニングの知識

ホワイトニングによりどのくらいで歯が白くなるかには個人差があります。その人自身の食生活など、着色の濃いものを多く食べられたり、飲んだりする方は着色もしやすくなります。歯の種類によっても白くなりにくいもの、犬歯は人によってはじめから他の歯に比べて黄色みがつよかったりします。

また、オフィスホワトニングとホームホワイトニングでも回数の違いは出てきます。

それぞれの場合でおおよそ何回くらいでご希望の白さになるかを解説していきます。

オフィスホワイトニングの場合

この場合、一回目から「白くなった」を実感する方は多いです。一般的には3〜4回で当初のシェードガイドを見て希望していた白さになると考えておくと良いでしょう。ただし、年齢や個人差によっても希望の白さになる回数は異なってきます。一般的に40代以上になると加齢による歯の黄色みが強くなってきます。その辺りは事前知識として知っておくと良いでしょう。

ホームホワイトニングの場合

国の基準では1日2時間、2週間連続で行うことが定められています。この間隔をあけると白くなるまでの期間は長くなります。アメリカのホームホワイトニングでは就寝中に装着して行うものもあります。

メディアでみるような芸能人のような、真っ白な歯はホワイトニングでなく、セラミックやラミネートべニアなど自身の歯の白さでないことが多いです。ホワイトニングではオフィスホワイトニング、ホームホワイトニングでもシェードガイドを参照して、ご自身がどのくらいの歯の白さになるのかを確認したうえですすめましょう。

タイトルとURLをコピーしました