【ホワイトニング歯磨き粉】って効果ある?安全性は?国内,海外製品での違い

ホワイトニング歯磨き粉

ホワイトニング用歯磨き粉は昔からある「アパガート」をはじめ、最近はアマゾン・楽天をはじめとしたインターネットでの販売が多くを占めています。

また、海外製のホワイトニング歯磨き粉もインターネットでの販売で、すぐに買うことができ、身近なものになりました。

ホワイトニング用歯磨き粉にはいろいろな種類のものがありますが、商品によって中身や効果は大きく違っています。

どう違いがあるのか?、どれが安全なの?、どんな効果があるの?という疑問を解決するように解説していきます。

[mokuji]

ホワイトニング歯磨き粉で落ちるのは着色(ステイン)だけ?白くなる?

国内のホワイトニング歯磨き粉は法律(薬機法)で決まっているので、本当に歯を白くするホワイトニング効果がある成分は入っていません。

国内のものはコーヒーや食べ物、タバコでついてしまった歯の着色をおとし、歯本来の色にもどすもの、歯の表面状態をよくして、歯の透明感をだし、きれいにする歯磨き粉となります。

海外製でも、日本のものと同じように着色をおとす効果のものがあります。だたし、やや強めの成分で着色をおとすものもあるので、使用時には少し注意が必要です。

歯はエナメル質と象牙質でできています。ホワイトニングとは半透明のエナメル質の色に直接作用し、着色物質を分解、白くしてホワイトニングします。

アメリカの歯磨き粉にはこのホワイトニング効果があるものがあります。歯磨き粉の成分に過酸化水素過酸化尿素が入っているとその作用があるものになります。

ホワイトニング歯磨き粉は毎日使っても問題ない? 安全性は?

国内のものは一部の海外製の歯磨き粉のように強い成分(歯のそのものを白く成分:過酸化物)は入っていないため、歯や歯茎に直接作用するものではなく、毎日使っても問題ありません。

歯の再石灰化をうながすような歯みがき粉は、毎日、使用したほうが効果的です。

 

ホワイトニング歯磨き粉にもドラックストアなどで売っている市販の歯磨き粉と同様、清掃剤(今は研磨剤と表記していません)が入っているものは汚れも落ちます。

現在、多くに使用されている清掃剤は歯の表面をよりも柔らかいためエナメル質を傷つけることはありません。

(海外製は知覚過敏になりやすい?)

知覚過敏は歯の象牙質に成分が浸透し、歯の神経を直接刺激することで痛みがでる現象です。

日本のホワイトニング歯磨き粉では認められていませんが、海外のホワイトニング歯磨き粉にはホワイトニングで使用する過酸化尿素や過酸化水素が含まれているものがあります。

過酸化尿素や過酸化水素はエナメル質のうすい部分やヒビが入っている箇所から象牙質→神経に成分がつたわり、痛い・シミル(知覚過敏)を起こします。

氷のようにより冷たいものがしみやすいように過酸化尿素や過酸化水素の濃度(10%以上:歯科で行うホワイトニングは最大35%)がやや高いものは濃度が低いものよりしみやすいです。

また、日本人のエナメル質の厚さは欧米人より薄く、つたわりやすいですので、その点を注意して使用しましょう。

過酸化水素の濃度は歯科医で行うホワイトニングでは最大35%ほどです。

ホワイトニング前に歯の状態を確認したり、ホワイトニング後に表面にフッ素を塗り保護をしているので歯科医では”痛み・シミル”に対するケアを行っています。

海外製のホワイトニング歯磨き粉でもフッ素は入っていますが、私たち日本人が使う場合は知覚過敏に注意が必要です。

ホワイトニング歯磨き粉 国内(アパガード、ボタニカル、ブリリアントモア)の効果は?

国内で発売されている日本製のホワイトニング歯磨き粉は薬機法で成分が制限されている為、歯の着色を落とす成分のみが入っています。

歯そのものを白くホワイトニングのような”白い歯”というより、コーヒーやたばこなどの着色や長年の積み重なった着色をおとして”歯本来の色”どすということになります。

代表的な日本製のホワイトニング歯磨き粉のそれぞれの効果はどのようなものでしょうか。

ここでは、それぞれの歯磨き粉について、効果を説明していきます。

「アパガード」(株式会社サンギ)


ナノ粒子薬用ハイドロキシアパタイト成分で歯垢を吸着させて、表面のエナメル質を傷を埋め、均一にする。

また、エナメル質の下の乳白色の象牙質の初期虫歯(脱灰が起きている所)を再石灰化して、初期の虫歯を修復します。歯を研磨することなく汚れを取り、歯を滑らかにして、歯を綺麗にするものです。

では、アパガードは”ステイン(着色)にはどう効果があるのか?”というのが表記されていなかったので、メーカーに問い合わせてみたところ、ステイン(着色)については確認はしていないとのコメントでした。

しかし、ナノ粒子薬用ハイドロキシアパタイトで歯を再石灰化し、歯の表面にステインがつかないようきれいにすることで防ぐことができます。

アパガードリナメルは”アパガート”の2倍のナノ粒子薬用ハイドロキシアパタイトが入っています。

「ブリリアントモア」(ライオン歯科材株式会社)


ピロリン酸ナトリウムによるイオンの力で歯のステイン(着色汚れ)を浮かせ、ブラッシングすることで浮かんだステインを除去して歯本来の色を取り戻します。

研磨剤:無水ケイ酸が使えわれていますが、歯の表面より柔らかいため、歯の表面を気付つけることはありません。

「ボタニカルトウースペースト」(ジェイピーエスラボ株式会社)

ホワイトソープナッツとパパイン酵素がステインを浮かせます。

ハイドロキシアパタイトは歯の再石灰化を促進します。また、ポリリン酸ナトリウムもふくまれ効能はステイン除去効果ですが、この歯磨き粉ではホワイトソープナッツ、パパイン酵素も含み、さらにステイン除去効果を助けます。

”6種類の植物成分”で歯をコーティングすることによりステインから歯を守る作用があります。

アメリカのホワイトニング歯磨き粉はどんなもの?

アメリカはもっともホワイトニングが進んでいます。国内製品では薬機法で制限され入れられない成分を含んでいるものがあります。

その成分はエナメル質色素に直接作用し、ホワイトニング効果があります。

その分、刺激も強くなるため、知覚過敏などへの注意が必要です。

Super Smile( スーパスマイル)

独自成分”カルプロックス”が歯の表面の膜「ペリクル」を分解し、エナメル質を傷つけることなくステイン(着色汚れ)を分解します。

ペリクルが分解された直後は歯の表面に着色が着きやすい状態のため、口の中のph(ピーエイチ)が落ち着く30分程度避けることがよいです。

また、虫歯予防のためのフッ素も一般の歯磨き粉よりも多く含まれており、歯を守る効果が高いです。

(一般的な歯磨き粉:0-999ppmに対し、スーパースマイル:900-999ppm含まれています)

コルゲート オプティック ホワイト ステインレス ホワイト トウースペースト
(colgate optic white stain-less white toothpaste)


低濃度の過酸化水素を含み、エナメル質の色に作用します。

使用により、3日間でステインを洗い流し、フッ素化合物でエナメル質を保護します。

クレスト 3Dホワイト ホワイトニング セラピー エナメル ケア トウースペースト
crest 3d white whitening therapy enamel care toothpaste

シリカで表面の汚れを除去。弱ったエナメル質を再石灰化、虫歯予防のためのフッ素を含んでいます。

まとめ

日本製のホワイトニング歯磨き粉は基本”着色汚れをおとすもの”なので、歯本来の色にもどす作用があるものでした。

アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉にはエナメル質の色に直接作用し白くする「過酸化物」がはいっているものもあります。

過酸化物がはいっているものを使用する場合は、刺激がつよく知覚過敏になる可能性もありますので、自己責任で使うことが前提になります。

実際に使った人の体験談を掲載していますが、効果には個人差があります。人により、着色が落ちにくかったりと歯が性質がちがうもので、当然のことともいえます。

使用上での注意を認識し、ご自身にあったホワイトニング歯磨き粉を見つけられるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました